新着記事はコチラ!CLICKK!

【持つべきはコレ!】三菱UFJカードvs 三井住友カード(NL)を徹底比較!

この記事を読むとこんなことがわかります
  • 三菱UFJカードと三井住友カード(NL)を徹底比較!
  • それぞれどんなカードなの??基本的な概要をおさらい
  • 特筆すべき特徴と、要チェックポイントまとめ
  • 結論!持つべきカードはこっちだ!

2021年7月1日、三菱UFJニコスは13年ぶりとなる新フラッグシップカード「三菱UFJカード」の会員募集を開始した。

出典:三菱UFJカード

このカードは最近主流になりつつある「タッチ決済」に対応した銀行系クレジットカード。
カードのラインナップは「三菱UFJカード」「三菱三菱UFJカード ゴールドプレステージ」「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の三種類。

いわゆる銀行系に大別されるクレジットカードで信頼とステータスは折り紙付き!
デザインもスタイリッシュで鮮やかなデザインとなっており、表面にカード番号が記載されていないタイプです。
所有欲を満たしてくれる見た目なのも嬉しいポイントですね!

ところで、タッチ決済といえば最近話題になったカードがありますよね?

そうです!三井住友カード(NL)です!!

最近、このナンバーレスカードのゴールドカードが発行されたことと、SBI証券クレカ積立の対象カードとなったことで大きな話題を呼びました!

三井住友カード(NL)

実際に筆者も非常に注目しており、SBI証券クレカ積立は既に開始しています。

まろん

タッチ決済対応で、VISA/Mastercardブランドで、ナンバーレス・・・
むしろなにが違うねん!どっち選べばええねん!

そう思う方も多いのではないのでしょうか?

そこで今回は、新たに誕生した三菱UFJ銀行カードと三井住友カード(NL)を徹底比較します!
一体どちらのカードがどんな人に向いているのか?その問題を解決していきます!!

今回比較していくのは、双方とも通常(ノーマル)カードです。ゴールド・プラチナカードは比較対象外となっています。

動画でも解説していますので、合わせてそちらもご覧ください!

また、エポスゴールドカード三井住友カードゴールド(NL)の比較はコチラの記事をどうぞ!

ノーマルカードの比較もしていますので、合わせてご覧ください

まろん

まろんと申します。TwitterInstagramもやってます。お問い合わせはこちらからどうぞ。

目次

三菱UFJカードと三井住友カード(NL)の基本を確認

まず二つのカードを比較していく前に、簡単にどういったカードなのか確認しておこう!

三菱UFJカードの概要

三菱UFJカードは、三菱UFJニコスは13年ぶりとなる新フラッグシップカードとして、2021年7月に会員募集を開始した。
日本最大のメガバンクから発行されたクレジットカードであり、今後申し込む人はどんどん増えていくことが予想される。

このカードは最近主流になりつつある「タッチ決済」に対応した銀行系クレジットカード。
カードのラインナップは「三菱UFJカード」「三菱三菱UFJカード ゴールドプレステージ」「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の三種類。

提携している国際ブランドは「VISAJCBMastercardAmericanExpress」の4種類と豊富。ほとんどの方がこれらのブランドのカードを使っていると思うので、他社カードからの移行もスムーズに行えるでしょう。

いわゆる銀行系に大別されるクレジットカードで信頼とステータスは折り紙付き!
デザインもスタイリッシュで鮮やかなデザインとなっており、表面にカード番号が記載されていないタイプです。
所有欲を満たしてくれる見た目なのも嬉しいポイントですね!

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)は、2020年6月ごろからSMBCグループから発行されたクレジットカード。
最近、ゴールドカードが追加されたことや、SBI証券クレカ積立の対象カードとなったことで、大きな注目を集めている。

Visaのタッチ決済の先駆けとなったこのクレジットカード。
また、このカードは表面裏面ともにカード番号が印字されていない完全ナンバーレスカードでセキュリティ性も高い。
カード番号やその他の情報は「Vpassアプリ」からのみ確認できる。

コンビニやマクドナルドで最大ポイントが5%還元されたり、ポイントの対象店舗も非常に多い。
一般的なクレジットカードのユーザにとって、使い勝手が非常に優れた1枚といえるだろう。

三井住友カード(NL)

また、三井住友カードゴールド(NL)は、ポイントサイト経由での申し込みがお得です!
ポイントサイト経由で申し込むだけで、実質5000円~6000円程度のポイント還元を受けることができます。

アメフリ:62000pt(6200円)ポイント還元

ポイント獲得条件:カード新規発行

ちょびリッチ:10000pt(5000円)ポイント還元

ポイント獲得条件:新規カード発行

ハピタス:6000pt(6000円)ポイント還元

ポイント獲得条件:カード新規発行

三菱UFJカード vs 三井住友カード(NL)徹底比較

それではここから、この2種類のカードの特徴を比較していこう!

今回比較していくのは、双方とも通常(ノーマル)カードです。ゴールド・プラチナカードは比較対象外となっています。

情報は2021年7月8日現在のものです。また、比較対象となる項目の条件などにより、内容が異なる場合があります。詳細は各社のホームページなどにて必ずご確認ください。

それぞれの特徴をまとめた表がコチラ!!

スクロールできます
特徴三菱UFJカード三井住友カード(NL)
年会費初年度無料。翌年以降1375円/年(1回以上利用で無料)永年無料
提携ブランドVISA,Mastercard,JCB,AmericanExpressVISA,Mastercard
総利用枠100万円100万円
タッチ決済対応(VISA,Mastercard)対応
セキュリティ性カード番号が裏面に記載完全ナンバーレス。アプリでのみ確認可能
ポイント還元0.1%還元(1000円で1pt)。1pt=4円でキャッシュバック可能。0.5%還元(200円で1pt)。1pt=1円でキャッシュバック可能
保険旅行損害保険(海外旅行):最高2000万円。お買い物保険:年間限度額1000万円旅行損害保険(海外旅行):最高2000万円。お買い物保険:なし
新規入会キャンペーン合計11000円相当還元
・利用金額の10%(最大5000円)キャッシュバック
・1000円×6回分の選べる電子ギフト
合計10000円相当還元
・利用金額の15%相当(最大9000円分)ポイント還元
・Vポイントギフトコード(1000pt)プレゼント
その他付帯サービス・ポイント名人.com経由でお買い物をすることでポイント還元率アップ・コンビニ、マクドナルドのタッチ決済で最大5%還元
・ポイントアップモール経由で、ポイント還元率アップ
・最大3つまで、選んだお店で+0.5%還元
・SBI証券クレカ積立でVポイントが溜まる
三菱UFJカードと三井住友カード(NL)比較表(赤色表記が、よりお得な方)

主な特徴を比較すると、以上のような結果となった。
それでは、さらに詳しくみていこう!

双方のカードを比較してわかった特徴まとめ

年会費はどちらも実質永年無料!

年会費については、三井住友カード(NL)は永年無料。一方で三菱UFJカードの場合、一回以上の利用でその年の年会費が無料になる。
基本的には当然1回以上の利用は発生するはずなので、年会費はどちらも実質永年無料だ!

提携ブランドの選択肢は、三菱UFJカードが多い。ただし注意が必要!

提携ブランドの種類は三菱UFJカードの方が多い。JCBとAmericanExpressが利用可能だ。

しかし、これらはタッチ決済に対応していない。
そのためこれら提携ブランドを選択すると、タッチ決済という大きなメリットを失うことになる。

特別な事情が無い限り、VISAかMastercarを選ぶのが無難だろう。

セキュリティ性は、完全ナンバーレスの三井住友カード(NL)が優位か

「カード番号ののぞき見防止」に関していえば、表裏どちらにも番号が記載されていない三井住友カード(NL)が優位だろう。

しかし双方とも、三菱UFJニコス、SMBCグループという大手ブランドが発行するかーどなので、セキュリティ面では十分信頼できる。

ポイント還元に関しては、三井住友カード(NL)がお得&便利!

ポイント還元率は、三井住友カードの方が通常0.5%と高い。
三菱UFJカードもキャッシュバックすれば1pt=4円で還元されるが、それでも0.4%ということだ。

さらに、Vポイントは既に非常に幅広く普及しており、さまざまなショッピングサイトなどのポイントと交換できる。

還元率や使い勝手も含めて考えると、ポイントに関しては三井住友カードが優位だ!

三菱UFJカードにはお買い物保険が付帯!三井住友カードにはなし

三菱UFJカードには、年間限度額100万円のお買い物保険が付いています!
三井住友カード(NL)には付いていません。
ただし、双方とも、最高2000万円の海外旅行損害保険は付帯しています。

お買い物保険とは、当該カードにて支払いを行い購入した商品が、盗難や不慮の事故による破損に遭った場合に、商品の金額に応じて、一定の割合を補償してくれるサービスのこと。
高額商品をく購入した際に万が一の事故が起こってしまった場合に役に立つので、もちろんあれば便利ですね。

その他付帯サービスは、三井住友カード(NL)が圧勝か

三井住友カードには、お得なサービスが複数付いているのが嬉しいポイント!

  • コンビニ、マクドナルドのタッチ決済で、最大5%ポイント還元
  • 最大3つまで、選んだお店で+0.5%ポイント還元
  • ポイントアップモール経由で、ポイント還元率アップ
  • SBI証券クレカ積立で、Vポイントが溜まる

特にコンビニやマクドナルドで還元率5%や、クレカ積立でポイントが溜まるなど、このカードにしかない魅力がある。
このカードをメインカードとして生活する方や、クレカ積立を行いたい方にとっては、非常にお得に使えるカードと言えるだろう。

また、三井住友カードゴールド(NL)は、ポイントサイト経由での申し込みがお得!
ポイントサイト経由で申し込むだけで、実質5000円~6000円程度のポイント還元を受けることができます。

アメフリ:62000pt(6200円)ポイント還元

ポイント獲得条件:カード新規発行

ちょびリッチ:10000pt(5000円)ポイント還元

ポイント獲得条件:新規カード発行

ハピタス:6000pt(6000円)ポイント還元

ポイント獲得条件:カード新規発行

まとめ:三井住友カード(NL)の方が、比較的使い勝手やお得度は高い!

以上の結果を踏まえると、やはり三井住友カード(NL)の方が一般ユーザーの方にとっては使い勝手は良いだろう!
コンビニやマクドナルドをよく利用する方クレカ積立を行う方にとっては、このカードのパフォーマンスを更に発揮できる。

一方で、提携ブランドが4種類から選べたり、お買い物保険が付帯しているなど、三菱UFJカードにしかない特徴もある。

それぞれの特徴を踏まえたうえで、自分に合った最適なカードを選択しましょう!

三井住友カード(NL)

それでは、素敵なキャッシュレスライフを!

    役に立ったらシェアしよう!
    目次
    閉じる