Momentum True Wireless 2【音質向上】イコライザーのおすすめ設定方法など!

今回は2020年に爆発的にヒットし、今なお売れ続けているフルワイヤレスイヤホンの名機【ZENNHEISER Momentum True Wirelss 2】の音質・使い心地を更に向上する方法をお伝えします!

まろん

まろんと申します。TwitterInstagramもやってます。お問い合わせはこちらからどうぞ。

2021年現在、市場には様々なイヤホンが流通している。

中でも現在の主流となっているのが「フルワイヤレスイヤホン」と呼ばれるものだ!

フルワイヤレスイヤホンは、ここ1~2年で急激に市場に進出してきた。その原因は以下の2つが大きい。

  • iPhone,Galaxyなどの主要スマホ市場のイヤホンジャック廃止
  • 兼価モデル~高価なものまでさまざまな種類の物が市場に出回るようになった

そんな『フルワイヤレスイヤホン戦国時代』となった2020年だが、そのブームの火付け役ともいえるイヤホンが、今回ご紹介するSENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2だ!

今回は、1年間徹底的に使い倒してわかったメリット・デメリットを様々な項目ごとに分けてわかりやすく解説していこう!

目次

Momentum True Wireless 2 項目別評価まとめ

まずは結論から。以下の項目を設け、わかりやすく5段階で評価している。

音質★★★★☆
装着感★★★☆☆
持ち運びやすさ★★★★★
バッテリー★★★★★
操作性★★★★★
ノイズキャンセリング★★★☆☆
外音取り込み機能★★★★★

以上のような結果となったが、正直なところ大きな欠点は1年間使い倒したが見当たらなかった。だが、あと一歩改善を望むという点はいくつか見られたので、項目別に紹介していきたい。

項目別辛口レビュー

音質 ★★★★☆⇒イコライザーを調整しよう

  • とにかく原音に忠実な音
  • 癖が無く、ほとんどの人が違和感なく聴けるようカスタマイズされている
  • 全てのジャンルに対応できるが、特にクラシック等、楽器の音を綺麗に聴きたい方には特にイチオシ!
  • ボーカルの声がやや遠い(高音域のアーティスト程)

まず、一番重要ともいえる音質に関してだが、ZENNHEISERが、「とにかく音にこだわって作り上げた」と言うように、音質に関しては完璧の領域と言っていいだろう。一言でいうと、『とことんナチュラルな音』である。特別な装飾は一切施さず、原音に忠実にありのままの音をそのまま耳に届ける事に特化している

一方で、やや物足りなさを感じる部分もあり、特に「ボーカルの声がやや遠い」のが少し気になった。

特に、高音域の声が耳に届きにくい印象を受けた。特に最近は、ボカロやアニソン、高音が特徴的な男性ボーカリストが数多く活躍しており、最近話題のアーティストや楽曲を良く聴く方々にとっては、少しダイナミック感に欠けると感じるかもしれない。

改善策:イコライザーを調整する

改善策としては、イコライザーを調整する事を推奨する。
イコライザーの調整方法は以下の2通りがある。

ZENNHEISER MTW2専用アプリ内のイコライザーを調整する

Momentum True Wireless 2 専用アプリ ホーム画面

このイヤホンは専用のアプリで様々な設定を変更する事が出来る。そのうちの一つに『イコライザー』がある。

操作方法は2パターンあり、真ん中の点を上下に動かし調整する方法(画像左・中)と、三つのゲージを上下に動かして調整する方法(画像右)だ。どちらも簡易的なものであるため、細かい周波数ごとに調整する事は出来ない。その為、まずはこのイコライザーで調整を行い、それでも満足する音質が得られなければ次のステップにトライするといいかもしれない。

パターン1
パターン1
パターン2

使用しているオーディオプレーイヤー又はアプリの設定からイコライザーを調整する

2つめの方法は、使用している音楽プレイヤー又はスマホアプリにの設定からイコライザーを調整する方法だ。上記の専用アプリに比べて細かく設定可能なものが多く、より音質にこだわりたい方はこちらを調整するといいだろう。

ちなみに、筆者がおすすめするイコライザーを調節できる音楽アプリを以下に紹介する。

Spootify 音楽ストリーミング再生アプリ

https://www.spotify.com/jp/

説明不要の人気No.1音楽ストリーミング再生アプリ。
「設定→イコライザ→イコライザー」より設定できる。全てのアーティスト・楽曲に適応される。

設定
イコライザー
イコライザー

Poweramp 音楽再生専用アプリ

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.maxmpz.audioplayer&hl=ja&gl=US

このアプリは、スマホに本体に保存された音楽再生専用アプリ。上記Spootifyのように最近主流になりつつあるストリーミング再生は出来ない。

しかし、筆者自身も長年愛用し続けているアプリであり、操作性やUI、音質など非常に優秀なアプリ。
勿論、高度なイコライザの設定も可能!

イコライザー編集画面

上記に比べ、より細かな周波数帯域ごとに調整できる事に加え、なんとアーティスト・楽曲ごとにイコライザーのプリセットが保存されます!
さらに、再生機器(スマホ本体スピーカー・イヤホン・ワイヤレススピーカー等)ごとにもプリセットを保存できるため、それぞれに最適な音質で音楽を楽しむことが出来ます。

イコライザー編集画面。アーティストや楽曲、使用機器などにプリセットで設定を保存できる

より高いレベルで音質を追求したい方におすすめ!

『Poweramp』はAndroid専用アプリです。iPhoneでの使用は出来ません。

装着感 ★★★☆☆⇒自分に合ったイヤーピースを探そう

装着感が、このイヤホンの最大のデメリットと言っていいだろう。

ただ実際に耳に着けた時の間隔は、人それぞれで異なるため一概には言い切れない。しかし、フルワイヤレスイヤホンにおいて装着感は、脱落・紛失のリスクに直結する為、重要なファクターである事は言うまでもない。

このイヤホンのフィット感の不安定さの原因は、イヤホン本体の素材にある。
本体が非常にサラサラしていて、かなり滑りやすい。さらに、付属のイヤーピースも、反発性が高くさらさらした素材となっており、特に乾燥した冬場などにはケースから取り出す際などにも手から滑り落ちそうになる。
耳にはめた際にも丁度よい位置にはまらない場面が多く、煩わしい事が多かった。

前機種『Momentum True Wireless』に比べて小型化し装着感は向上したが、少し耳からずれると、周囲のノイズを拾い本来の音質を発揮出来ない為、もう少し改善を期待したい。

改善策:別売りのイヤーピースを検討する

改善策としては、別売りのイヤーピースを購入する事をオススメする

筆者おススメのイヤーピースはコチラ!

昨今、安価でコスパの高いイヤーピースが市場に溢れており、Amazonや楽天市場などで様々なものを購入できる。ただ、先述した様に、イヤホンの着け心地は個人差が大きい為、様々なものを試して自らに合ったものを探してみるといいだろう。

持ち運びやすさ ★★★★★

持ち運びやすさ・携帯性は文句なしの満点といっていいだろう!

まず、イヤホンを収納するケースが非常にコンパクト!バッグの小さいポケットなどは勿論、ジーパンのポケットにも入るため、携帯性は抜群!

更に、ケースそのものがファブリック素材のようなもので出来ており、擦り傷などが非常に目立ちにくくなってい
一方で、液体等の汚れがしみ込んでしまった際にはなかなか汚れが落ちにくいのが難点だ。

バッテリー ★★★★★

バッテリー持ちはフルワイヤレスイヤホンを検討するにあたって必ずチェックしておきたい項目!
やはりバッテリー持ちが悪いと、使用中に電池が切れてしまうリスクがある。また、頻繁に充電する必要があると、それだけで利便性が落ちストレスの要因となってしまう。

その点、このイヤホンは非常に優れており、カタログ数値では、「本体最大7時間+ケース最大21時間の計最大28時間」となっており、これは他社の同製品と比較しても非常に優秀な数値!

筆者は毎日、以下の様な用途で使用しています。

筆者の使用用途
  • 通勤(往復1時間半)
  • 家事
  • You tube鑑賞
  • リスニング勉強

かなりハードに使い込んでいるが、これだけのバッテリー容量があれば、気が向いた時に充電する程度で常に使用する事が出来る。
バッテリー残量を気にする事無く、ストレスフリーで音楽を楽しむことが出来る!

操作性 ★★★★★

イヤホン本体の操作は、イヤホン外側のロゴマークが入った銀色の部分をタッチする事で可能となっている。
この操作性が非常に優秀で、さらにアプリによって自由にカスタマイズする事が可能だ。

赤枠の部分をタッチする事でさまざま操作が可能

また、ノイズキャンセリングのON/OFFや、外音取り込みON/OFFなどの切り替えの際に、余計なアナウンスなどが入っていないのが良い。「ピッ」「ピピッ」などの電子音により直感的にわかりやすくなっている点も、他社のイヤホンと比べて非常に優秀な点だ。

ノイズキャンセリング ★★★☆☆⇒自分に合ったイヤーピースを探そう

完全な静寂が欲しい
勉強する際に出来る限り騒音をゼロにしたい

そういったユーザーにとって、このイヤホンのノイズキャンセリングは、やや役不足と言っていいだろう。

公式ページでも謳っているように、本機のノイズキャンセリング機能は『パッシブ』と『アクティブ』の融合により成り立っている
即ち、パッシブ(=イヤホン本体の遮音性によるもの)とアクティブ(=機械的に外部の騒音をカットする機能)のことだ。

しかし体感では、『パッシブ:アクティブ=8:2』程度の振り分けとなっている。つまり、イヤホンそのものの遮音性によるノイズキャンセリングの割合が非常に大きく、ノイズキャンセリングをONにしても、若干周囲の騒音がマシになる程度である。
特に騒音が高音域の音になるほど、しっかりと外部の音が耳に届いてくる。

しかしこれは、あくまで原音に忠実な音楽を楽しむための調整なのだろう。
以下に、どのような音が聞こえやすいor聞こえにくいのかをまとめた。

例)雨天の外出時
  • 聞こえにくい:雨が地面に落ちる「ザァーー」という音・電車の線路ノイズ
  • 聞こえやすい:雨が水たまりに落ちる音や傘に当たる音・車のロードノイズ聞こえにくい:雨が地面に落ちる「ザァーー」という音・電車の線路ノイズ
例)電車のホームにて
  • 聞こえにくい:一部の低音域の線路ノイズ
  • 聞こえやすい:ドアの開閉音:放送アナウンス:エスカレータの稼働音

改善策:別売りのイヤーピースを検討する

着け心地の項目でも述べたが、やはり別売りのイヤーピースを検討する事が最も良いだろう
なぜなら、先述した通り、本機のノイズキャンセリングは、パッシブシミング(イヤホン本体の遮音性)による割合が高いからである。
即ち、自分の耳にしっかりフィットし且つ遮音性が高いイヤーピースを導入する事で、飛躍的な遮音性アップが期待できるだろう。

外音取り込み機能 ★★★★★

最後に外音取り込み機能についてだが、「文句なし、満点」である。

  • イヤホンワンタップ(設定により変更可能)で、ON/OFFの切り替えが可能
  • 非常に綺麗に周囲の音が聞こえ、且つ音楽の音質も損なうことがない

以上の点から、外音取り込み機能に関しては、これといった欠点は1年間使い続けたが見当たらなかった。
安全の為に周囲の音もしっかり聞きながら音楽を楽しみたい方などにも自信をもってオススメ出来るだろう。

結論:イコライザーの調整はマスト!イヤーピースの同時購入がオススメ!

以上のように、これといった致命的な欠点は認められず、非常に優秀な一台である事が明らかとなった。『原音に忠実な音質』『ストレスフリーな操作性』『小型サイズによる携帯性の高さ」等、フルワイヤレスイヤホンとしての完成度は非常に高く、まさに【2020年の名機】の称号にふさわしい一台であろう。

唯一の欠点である装着感も、イヤーピースの購入により、ローコストで大幅な改善が期待できるが、次期 Momentum True Wireless 3の改善に期待したい。

    役に立ったらシェアしよう!
    目次
    閉じる