新着記事はコチラ!CLICKK!

【CBDオイルの基礎知識】種類や効果、おすすめのブランドを解説!

みなさんこんにちは。まろんです。
早速ですが、CBDオイルというものをご存じですか?

この記事では、CBDオイルについてよく知らない方CBDオイルの購入を検討している方に向けて、CBDオイルの基礎知識をわかりやすく解説していきます!

この記事を読むとわかること
  • CBDオイルとは?CBDオイルによって得られる身体への効果
  • 大麻成分が含まれている!?それって違法じゃないの?
  • CBDオイルの種類
  • 摂取方法と使用するタイミング
  • 気になる副作用と服用する際の注意点

実際に筆者もCBDオイルを愛用しており、身体への効果を実感しています。

筆者が愛飲しているCBDオイルは、【NATURECAN】というブランドが販売しています。

今なら、購入画面にてクーポンコード「maron310415」を入力して頂くと、全商品15%OFFで購入できます!

しかし、CBDオイルはまだまだ認知度が低いのが現状です。
CBDオイルについてよく知らない人が多く、様々な情報が飛び交っています。

筆者と一緒に正しい知識を身に付けて、CBDオイルを上手に取り入れた健康的な生活を目指しましょう!

目次

CBDオイルとは?

CBDオイルとは、大麻草に含まれる有効成分のうちの一つである「カンナビノイド」成分を、ココナッツやオリーブオイルに配合したものをいいます。

体の調整機能に働きかけ、健康や美容にいい効果をもたらしてくれることが期待出来ます。
なかでも、非精神活性化合物によるリラックス効果がその代表です。
CBDオイルは、ここ最近で日本でも広く流通しており、購入する人が増えています。

著名人にも愛飲している方が多く、現在は化粧品やサプリメントとして広く流通しています。

CBDオイルは違法!?大麻成分が含まれているのは大丈夫?

CBDオイルについて知らない人が大麻と聞くと、やはり良いイメージを持つ人は少ないでしょう。

しかし結論から申し上げます。

CBDオイルは、合法です。
所持したり使用したりすることで、法律に触れるという事はまずありません。ご安心ください。

ではなぜ、大麻を使用しているCBDオイルが、違法ではないのでしょうか?

それは、違法薬物として扱われている大麻草とCBDオイルは、成分が全く異なるからです。

違法薬物として扱われる大麻は、大麻の草から抽出されるTHC:テトラヒドロカンナビノールが使われています。
この成分が、日本では違法薬物として規制されています。

一方で、CBDオイルは、大麻の茎から抽出されるCBD:カンナビジオールは、大麻の茎から主に抽出される成分です。
この成分は、違法薬物の規制対象外となります。
勿論、気分がハイになったり、幻覚や幻聴を引き起こすといったことはありません。

その為、安心して使用する事が出来ます。

但し、一部ではTHCが含まれている商品が流通しているそうです。
必ず成分表示を確認し、THCフリーの商品を購入してください!!

CBDオイルの具体的な効果

先述した様にCBDオイルには、非精神活性化合物によるリラックス効果が最も期待できます。
その非精神活性化合物が、カンナビノイドと呼ばれるものです。

CBDオイルにより期待できる効果
  • 抗痙攣作用
  • 抗炎症作用
  • 細胞障害の抑制と改善作用
  • 抗不安作用
  • 降圧作用
  • 特定の癌における細胞死を誘導する作用

このように、医学的な観点からも様々な作用が証明されています。

人はそもそも、内因性カンナビノイドを持っています。
しかし、老化やストレス、栄養障害、ホルモンバランスの乱れなどにより、カンナビノイド欠乏症が引き起こされます。
その結果、疲労感や倦怠感、睡眠不足などの症状が現れます。

その為、CBDオイルに含まれたカンナビノイド成分を摂取する事により、それらの症状が改善されるわけです。

CBDオイルの摂取方法(主に3種類)

ここでは、CBDオイルの摂取方法について解説します。
主に3種類の方法があるので、目的に応じて使い分けるのがオススメです。

経口摂取

日本で最も一般的な摂取方法が、経口摂取です。

広く流通している為、手軽に購入でき種類も豊富です。

効果が表れるまで30-90分程度かかります。しかし、効果の持続時間が6-8時間と長いのが特徴です。

吸引摂取

電子タバコの様に、気化したCBDを吸引リキッドを用いて摂取する方法です。

3種類の摂取方法の中でも最も早く効果が現れるのが特徴です。
しかし、効果の持続時間は2-3時間とやや短めです。

短い時間で強い効果を発揮する方法なので、ある程度CBDオイルを使用した事がある方にオススメの方法です。
また、禁煙したい方に向けた方法でもあります。

経皮摂取

軟膏やクリーム、ローションにCBDオイルが配合されており、それを直接患部に塗る方法です。

利用効率が最も高く、にきびや吹き出ものに効果が期待出来ます。

しかし、血中に取り込まれて全身には運ばれない為、塗った部分にのみ効果が現れます。

CBDオイルを使用するタイミング

CBDオイルは一般的な薬と異なり、使用する時間やタイミングに決まりはありません。

その為、改善したい症状・目的に合ったタイミングで使用するのが最も良いでしょう

睡眠の質を上げたい・朝起きるのがだるい

寝る前に、経口摂取による服用がオススメ!

仕事のストレスや疲労を緩和させたい

朝や休憩時間、業務終了後に、経口または吸引による服用がオススメ!

CBDオイルの気になる副作用は?

先述した様に、CBDオイルは大麻の中に含まれる安全な成分のみを抽出しています。
勿論日本では合法な薬品として取り扱われており、安全性は非常に高いです。

しかし、軽度の副作用が出る場合もあります。
代表的な副作用は、以下の通りです。

食欲の減少

精神を落ち着かせ、食欲を含む欲求を低下させる為

喉が渇く

典型的な副作用で、CBDの唾液を減少させる作用により誘発。水分制限がある方は注意が必要。

重度の副作用の心配はほとんどありません。
しかし、持病がある方や重篤な病気の既往がある方などは、必ずかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

CBDオイルを使用する際の注意点

用法・用量を必ず守りましょう

CBDオイルは販売元の会社により、推奨している量が異なります。
また。一日当たりに摂取しても良い最大量が決められたものもあります。

製品ごとの正しい服用方法は、添付文書または製品本体に必ず記載してあります。

必ず決められた用法・用量を守って使用するようにしましょう。

少ない量から始めましょう

CBDオイルは、先述した様に種類ごとに用法・用量が定められています。
しかし、CBDオイルの作用の仕方は個人によって様々です。また、重篤度は低いものの、副作用が起きる場合もあります。

その為、最初は少ない量から使用するのが良いでしょう。
その後、身体の状態に合わせて徐々に量を増やしていく事をオススメします。

持病がある方・妊娠中の方は医師に相談しましょう

持病がある方や妊娠中の女性は、CBDオイルを使用する前に医師に相談しましょう。
また、重篤な疾患の既往がある方も、使用前に医師に相談する事をオススメします。

特に肝臓疾患がある方は要注意です!
シトクロムP450という肝酵素とCBDの組み合わせが、相互作用を引き起こす事がわかっています。

安全にCBDオイルを使用する為に、上記に該当する方は必ず医師に相談しましょう。

必ずTHCフリーのものを選ぶ

国内で販売されているCBDオイルは、ほとんどがTHCフリーのものです。

しかし稀に、THC成分が含まれている商品が販売されているようです。

日本では、THC成分が含まれた商品は違法薬物として取り扱われます。
必ず購入する前に、商品ページに記載された成分表を確認するようにしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、CBDオイル初心者が最低限知っておくべきことを簡潔にまとめました。

CBDオイルは現在、世界中で愛飲されており、数多くの著名人も使用しています。
正しい方法で使用すれば、リラックス効果や体質の改善など様々な効果が期待出来るでしょう。

筆者がオススメするCBDオイルはコチラから購入できます。

CBDオイルを実際に使用した感想・レビュー記事はコチラをご覧ください。

CBDオイルの購入を迷われている方の参考になれば嬉しいです。

    役に立ったらシェアしよう!
    目次
    閉じる