新着記事はコチラ!CLICKK!

【sellers.jsonファイルに販売者情報を公開する】アドセンス通過後のトラブル解決方法

みなさんこんにちは、まろんです。

さて、このサイトを見ているあなたは、きっとGoogleアドセンスの審査を通過された方々が多いかと思います。
本当におめでとうございます!!

「よし、早速広告の設定をしよう」という時に、皆さんの画面にこのような一文が表示されたのではないでしょうか?

Googleのsellers.jsonファイルに販売者譲歩を公開する事をおすすめします。【アカウント設定ページで現在の公開設定のステータスをご確認ください、

この記事では、このメッセージの意味と、対応方法を具体的に解説します。

皆さんのブロガーとしての第一歩を手助け出来れば幸いです。

目次

『sellers.jsonファイル』に販売者情報を公開する方法

そもそも、『sellers.jsonファイル』とは?

sellers.jsonは、広告エコシステムの透明性を高め、不正行為を防止する為のIAB Tech Lab標準です。sellers.jsonは、販売者情報の一般公開ファイルを使用します。サイト運営者は、Adsenseアカウントの種類に応じて個人名または会社名をファイルで共有する事を選択できます。このファイルで、広告主は信頼できる方法でパブリッシャー様の身元を確認し検証できます。

Google Adesnse ヘルプ より一部抜粋

sellers.jsonファイル』とは、大まかに言うと、「サイト運営者の個人名や会社名などの情報を、広告主に提供して、広告主が信頼して広告を出稿出来るようにするためのもの」です。サイト運営者と広告主の関係を透明化する事で、広告主が広告枠を把握しやすくなり、収益の向上にも繋がります。契約を締結した販売者を通じた広告のみブログ内で提供しますよという契約書のようなもの」です。

その為、より良い広告を貼ってもらう為、また自身の収益の為にも「sellers.jsonファイル」は公開しておくことをお勧めします。

『ads.txtファイル』との関係性

ここで、sellers.jsonファイルと深い関係を持つ『ads.txtファイル』について簡単に説明します。

『ads.txtファイル』とは、大まかに言うと、「契約を締結した販売者を通じた広告のみブログ内で提供しますよという契約書のようなもの」です。
ここでいう販売者が、今回はGoogleということになり、Googleを通じた広告をブログに貼りますよ、ということです。

『ads.txtファイル』の問題を修正する方法は以下の記事で詳しく解説しています。

要するに、『sellers.jsonファイル』でサイト運営者と広告主の関係性を透明にした上で、『ads.txtファイル』によって、Google規約に則って広告を掲載してもらう、という事です。

『sellers.jsonファイル』に販売者情報を公開する手順

それでは早速、問題解決の手順を説明します。

  1. Googleアドセンス画面のサマリーのページを開く
  2. 表示されたメッセージ下の「操作」または「設定」⇒「アカウント情報」をクリック
  1. 以下の画面が表示される
  1. 「販売者情報の公開設定」欄の「非機密」にチェックを入れる
  1. 自動的に保存される以上で作業は完了です!

『sellers.jsonファイル』に販売者情報を公開する事をオススメします!

改めまして、皆さんGoogleアドセンスの審査通過、おめでとうございます!
アドセンスによるブログの収益化を目指す為に、設定を早めに行っておきましょう。

ご不明な点がございましたら、下記お問い合わせまでお願いします。

    役に立ったらシェアしよう!
    目次
    閉じる